✉ ご相談・お問合せ

TEL:050-1004-6388

家族滞在

電話:050-1004-6388
家族滞在ビザ

家族滞在ビザ

家族滞在ビザとは、日本で就労ビザや学生ビザを取得して在留している方の扶養を受ける配偶者または子供が日本で一緒に生活する場合に認められるビザをいい、一定の在留資格を有して日本に在留している外国人の方の扶養家族を受け入れるための在留資格です。

家族滞在ビザを取得するための要件

家族滞在ビザの在留期限は5年、4年3月、4年、3年3月、3年、2年3月、2年、1年3月、1年、6月又は3月の11種類が規定されています。
ただし、家族滞在ビザで在留する方の在留期間は、扶養者の在留期間と同じになりますので扶養者の在留期間が満了すると家族滞在ビザを持っている方の在留期間も満了することになります。
家族滞在ビザを取得するための要件としては申請人が下記要件を満たしていることが必要です。

家族滞在ビザの対象は、配偶者又は子となります。
「配偶者」とは、現在婚姻中の者をいい、相手方配偶者が死亡した者や離婚した者は含まれず、内縁の妻・夫も含まれません。
「子」とは、嫡出子のほか、養子および認知された非嫡出子も含みます。
また、配偶者も子も扶養を受けて在留することになるので家族の滞在における生活費が十分にあるかどうかも求められます。

「家族滞在」在留資格認定証明書交付申請

【必要書類】
・在留資格認定証明書交付申請書 1通
・写真(縦4㎝×横3㎝) 1枚
※申請前3か月以内に正面から撮影された無帽,無背景で鮮明なもの。 ?パスポート及び在留カード(在留カードとみなされる外国人登録証明書を含む。) 提示
・返信用封筒(定形封筒に宛先を明記の上、380円分の切手(簡易書留用)を貼付したもの)
・次のいずれかで、申請人と扶養者との身分関係を証する文書
(1)戸籍謄本 1通
(2)婚姻届受理証明書 1通
(3)結婚証明書(写し) 1通
(4)出生証明書(写し) 1通
(5)上記(1)~(4)までに準ずる文書 適宜 ?扶養者のパスポート及び在留カード(在留カードとみなされる外国人登録証明書を含む。) の写し 1通
・扶養者の職業及び収入を証する文書
(1)扶養者が収入を伴う事業を運営する活動又は報酬を受ける活動を行っている場合
①在職証明書又は営業許可書の写し等 1通
②住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書(1年間の総所得及び納税状況が記載されたもの) 各1通
(2)扶養者が上記(1)以外の活動を行っている場合

①扶養者名義の預金残高証明書又は給付金額及び給付期間を明示した奨学金給付に関する証明書 適宜
②上記①に準ずるもので、申請人の生活費用を支弁することができることを証するもの 適宜 ?招聘理由書
本人の理由書、入管専門家の指導方針等を記載する。

「家族滞在」在留期間更新許可申請

【必要書類】
・在留期間更新許可申請書 1通
・パスポート及び在留カード(在留カードとみなされる外国人登録証明書を含む。) 提示
・扶養者のパスポート及び在留カード(在留カードとみなされる外国人登録証明書を含む。) の写し
・次のいずれかで、申請人と扶養者との身分関係を証する文書
(1)戸籍謄本 1通
(2)婚姻届受理証明書 1通
(3)結婚証明書(写し) 1通
(4)出生証明書(写し) 1通
(5)上記(1)~(4)までに準ずる文書 適宜 ?扶養者の職業及び収入を証する文書
・扶養者の職業及び収入を証する文書
(1)扶養者が収入を伴う事業を運営する活動又は報酬を受ける活動を行っている場合
① 在職証明書又は営業許可書の写し等 1通
②住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書(1年間の総所得及び納税状況が記載されたもの) 各1通
(2)扶養者が上記(1)以外の活動を行っている場合
① 扶養者名義の預金残高証明書又は給付金額及び給付期間を明示した奨学金給付に関する証明書 適宜

② 上記①に準ずるもので、申請人の生活費用を支弁することができることを証するもの 適宜 ?申請理由書
本人の理由書、入管専門家の指導方針等を記載する。

「家族滞在」在留資格変更許可申請

【必要書類】
・在留資格変更許可申請書 1通
・パスポート及び在留カード(在留カードとみなされる外国人登録証明書を含む。) 提示
・次のいずれかで、申請人と扶養者との身分関係を証する文書の写し
(1)戸籍謄本 1通
(2)婚姻届受理証明書 1通
(3)結婚証明書(写し) 1通
(4)出生証明書(写し) 1通
(5)上記(1)~(4)までに準ずる文書 適宜 ?扶養者のパスポート及び在留カード(在留カードとみなされる外国人登録証明書を含む。) 1通
・扶養者の職業及び収入を証する文書
(1)扶養者が収入を伴う事業を運営する活動又は報酬を受ける活動を行っている場合
① 在職証明書又は営業許可書の写し等 1通
② 住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書(1年間の総所得及び納税状況が記載されたもの) 各1通
(2)扶養者が上記(1)以外の活動を行っている場合
① 扶養者名義の預金残高証明書又は給付金額及び給付期間を明示した奨学金給付に関する証明書 適宜
② 上記①に準ずるもので、申請人の生活費用を支弁することができることを証するもの 適宜 理由書

本人の理由書、入管専門家の指導方針等を記載する。

電話:050-1004-6388 

無料相談(30分)実施中!!

最短即日相談可能!!

家族滞在の特例

家族滞在」の在留資格をもって在留し,本邦で義務教育の大半を修了した上,高等学校卒業後に本邦での就職を希望する方へ

 父母に同伴して「家族滞在」で入国し,高等学校(中等教育課程の後期課程を含む。以下同じ。)を卒業後に本邦での就労を希望する場合には,出入国管理及び難民認定法別表第一に定める「技術・人文知識・国際業務」等の就労に係る在留資格の学歴等の要件は満たさないこととなりますが,本邦で義務教育の大半を修了した方につきましては,「定住者」への在留資格の変更が認められる場合があります。
対象となる方
次のいずれにも該当する方が対象となります。

(1)現在,在留資格「家族滞在」で我が国に滞在していること
(2)我が国において義務教育の大半を修了していること
(3)我が国の高等学校を卒業していること
(4)就職先が決定していること
(5)住居地の届出等,公的義務を履行していること

※ 小学校低学年で来日し,その後継続して我が国に在留して高等学校を卒業した場合に対象となります。それ以外の場合であっても,小学校中学年で来日した場合等については,その後の出国歴等を勘案の上,対象となる場合もありますので,最寄りの地方入国管理局へお問い合わせください。
提出資料
(1)在留資格変更許可申請書(T(「日本人の配偶者等」・「永住者の配偶者等」・「定住者」)【PDF形式】 1通
 ※ 地方入国管理官署において,用紙を用意しています。
(2)写真(縦4cm×横3cm)  1葉
 ※ 申請前3か月以内に正面から撮影された無帽,無背景で鮮明なもの。
 ※ 写真の裏面に申請人の氏名を記載し,申請書の写真欄に貼付して下さい。
(3)履歴書(我が国において義務教育の大半を修了した経歴について記載のあるもの)
(4)我が国の小学校及び中学校を卒業していることを証明する書類(卒業証書の写し又は卒業証明書)
(5)我が国の高等学校を卒業していること又は卒業が見込まれることを証明する書類
(6)我が国の企業等に雇用されることを証明する書類(雇用契約書,労働通知書等)
(7)扶養者による身元保証書 【PDF形式】
(8)住民票(世帯全員の記載のあるもの) 1通
 ※ 発行日から3か月以内のものを提出して下さい。
(9)パスポート  提示
(10)在留カード  提示

(11)身分を証する文書等  提示
※ 申請人本人以外の方(申請が提出できる方については,こちらのページを参照して下さい。)が申請を提出する場合において,申請を提出できる方かどうかを確認させていただくために必要となるものです。また,申請人以外の方が申請書類を提出する場合であっても,上記(9)及び(10)の「申請人のパスポート及び在留カードの提示」が必要です。

電話:050-1004-6388 

無料相談(30分)実施中!!

最短即日相談可能!!

 
Translate »